MEKI式

仕事とか、家族とか、日記とか色々。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魚を捌いてみました

先日購入したGLOBALの包丁を使いたい!

私の一言がきっかけで、昨日嫁ちゃんと一緒に買い物へ行って鮮魚を買ってきました。

イナダです。

q1.jpg

本当はアジなどの小さい魚が良かったのですが、あまり良さそうなのが無かったのでちょっと大きめになってしまいましたww

まな板からはみ出ているし^ ^;


イナダはブリの若魚時期の名称です。

故にブリ同様、旨し。


折角の鮮魚、お刺身にしたいのでまずは三枚にオロします。


捌く時のポイントは出来上がりを気にしない事です、はい。

お店に出すんじゃないんですから。

私もど素人です。

胃に入ってしまえば同じだと、開き直ってやっちゃいましょう♪


まず頭を落します。

胸ヒレと腹ヒレも頭と一緒に落とすので、包丁は斜めに入れます。

q2.jpg

次にお腹を割いて内臓を取出します。

慣れていないと内臓除去は少し抵抗がありますが、そこは根性と気合で乗り切りましょう。

q3.jpg

内臓を取り除いたら、一回お腹の中を良く洗います。


落とした頭の方を開くと背骨が見えますので、この背骨のすぐ上に包丁をあてがいます。

q4a.jpg

そして背骨の上を滑らせるイメージで尾に向かってスーッと切っていきます。

包丁を押しながら切ると身が潰れてしまいますので、引きながら切りましょう。

q5.jpg

む、やはり包丁に対して魚が少し大きかったかな・・・やりにくいけど何とかw

q6.jpg

続いて反対側。

半身が無くなった分、安定しますのでちょっと楽かも。

ホラ、出来た。

q7.jpg

これで三枚になりました。

ここで力尽きた場合は、塩をふってグリルにINして下さい。


私はお刺身にしたいので先に進みます。


あばら骨の部分を薄く削ぎ落とします。

q8.jpg q9a.jpg

この後に皮を剥ぐのですが、やり易い様に腹から尾の方に向かってこんな感じで2~3mmくらい切り取っておきましょう。

この部分は皮と身が結構しっかりくっ付いているので、皮を剥いだ時に身も千切れてしまうからです。

qaa.jpg

で、皮を剥ぎます。

切った半身を表側に返して角の所を指でカリカリすると、簡単に皮だけ摘めます。

qb.jpg

片手は皮、片手は身の方を押さえて(滑るのでキッチンペーパーなど使用)・・・そして一気にピーッと!!

qc.jpg

なんかそれっぽくなってきましたね。


いよいよ最終段階、中骨を取ります。

調理用の刺抜きを使えば簡単に取れます。

qd.jpg

最後に刺身包丁で適当な厚みに切れば完成です^ ^

(あ、お皿の向きを間違えたっ)

qqqq.jpg


もし中骨を取るのが面倒、あるいは刺抜きが無いという場合は、この様に中骨のある部分を切り取ってしまいましょう。

qe.jpg

イナダはちょっとサイズが大きいので、こちらの方がお刺身にした時に食べ易いかも知れません。

ちなみにこんな感じw

qqq.jpg

う~ん、なかなかの出来だと自画自賛したい所ですが、ツマを忘れたのがイタイ^ ^;

でもGLOBALの包丁も良い切れ味だったし、満足満足♪

お味も満足でした( ^^)b


あ、捌く過程で出たアラは適当な大きさに切って、アラ汁にでもしちゃいましょう。

qh.jpg
スポンサーサイト

| 料理 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mekisous.blog118.fc2.com/tb.php/20-c7e01715

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。